structure writing

18日め:マジック3(Magic Three)ーパラレリズムと同時に学ぶ

レベッカ先生のビデオで学びました。 Tell me and I forget, teach me and I remember and involve me and I learn. から始める内容は興味深いものでした。マジック3は、パラレリズムと同様に、自分の発想を広げるフレームとして大変有意義だと思います。 確かに3点で示すと構造がイメージが付きやすく心に残りやすいです。以前、論理的にするには直列と並列を意識することが重要、と学びました。直列は、こうだからこう、こうだからこう、とつなげていくことで、並列は、この要素は、3点あります、1点めは、、、2点めは、、、3点めは、という風にわかりやすく最初にならべて順番に説明するのです。 本日は、この点に注意しながら、様々な活動をしました。何も机に向かっているときが学習ではなく、日常の思考や、行動で実践することが大事なのだとつくづく思います。 以下のサービスなかなか良いです。料金もお安くどんどん吸収できます。