英語で考える

11日め : 日本人は英語の発音・アクセントに注意

私がいまだに苦労しているのは、発音・アクセントです。帰国子女ではなく、西欧圏でずっと過ごしたわけでもない私がこの海外の地で英語を使って授業したり、仕事をしているのですが、やはり、発音・アクセントが一番しんどくて、気を付けています。特に日本語は平たんな話言葉なので、ついつい英語もそのようになって、西欧圏の人から何度も聞き返されて、ついにはわからない、、、というようなことが何度もありました。 そこで対策を立てました。、一つは、その場の対策として言い換えること、二つは、次に同じ事を繰り返さないように、メモして訓練すること、三つめは、RachelのYoutubeを見ること、です。 一つめの言い換えは、一番実践的です。そのために普段から同じ事象を別の言い方で表現する練習をしておくとよいと思います。これ自体が英語学習全般としても多大な効果をもたらします。以前、独り言のところでも触れましたが、独学するための一つの効果的は方法でもありました。あっ、通じない、と思ったらすぐ言い換えることができるとよいです。これで乗り切れるようになってきました。 4日め:Let’s 英語で独り言 二つめの、注意すべき単語については、次のように訓練しています。まずは自分の発音がきちんと通じるか確かめるのに、Googleの音声入力などをつかってきちんと入力されるかどうか、それを目安としてます。あとは勿論、オンラインでもよいのですが辞書で発音記号の部分をよくチェックしておきます。次に効果的なのは以前紹介したYouglishです。これでネイティブはどういう文脈でどういう発音の仕方をしているのかが臨場感をもってわかります。 Youglish -Accent- 三つめは、普段の対策として、Rachelのビデオを見て練習することです。特にベンフランクリンエクササイズのパートをPlayListで選んできて普段からさまざまな会話のパターンを学ぶとよいと思います。ヒットした英語のシリーズなどもやっていて楽しめながらできます。 今日はNative Campに参加しませんでした。バタバタしていました。明日から再び体験入学できるところはいろいろと体験してもよいかなと思っています。今はそんなに乗り換えが難しくないので、自分にあったスクール、自分にあった講師が大きく状況を変えるという経験をしていますので、フリーで確かめられることに関しては、可能なら確かめてみることをお勧めします。今日は以下のスクールを紹介します。私も試してみるつもりですが、ちょっと確認して、ためしてみたら如何でしょうか。

8日め : 英語日記(Journaling), 感謝日記(Gratitude Diary)の効果

Hapa英会話で見つけた以下の動画でJournalingの重要性を再確認しました。 でもつくづく思うのは、Journaling へ一足飛びに考えると続かないということです。英語の先生なら、効果も知っているし、重要性もわかると思いますが、いつでも気軽にできるものではないです。 私がおすすめするのは、Journalingの前段階のメモを英語で書くことです。そこから始めます。そういう習慣が出来てくると、自然に長い文章になっていきます。メモを使って、必要に応じで、まとまった文章にすれば、ジャーナルになります。 これもやはりやさしくたくさんが重要なのかなと思います。 できるだけ敷居を下げて、繰り返すのです。 3日め:英作文 書いて書いて書く そのメモが簡単な日記になり、やがて立派なエッセーや論文につながっていきます。 ちょっと見方を変える方法もあります。私の場合は精神的にネガティブになりやすい性格なので、その矯正法としても英語学習を利用している側面もありますがそれを活かします。 例えば、オンライン英会話、これは全く違う第三者と話すことによって、自分を客観的にみることができます。自分の特徴とは何か、そして感謝できることは何かもわかることが多いです。日常に埋没しているとそれがなかなかわからないからです。そこで書くことのトピックを見つけます。そして、そのトピックを使うなどして感謝メモをつけ、感謝日記(Gratitude Diary)へと発展させます。 これって英語学習の副次効果としておすすめなので、ちょっと試してくださいね。 【中古】 1日3行「感謝日記」 書くだけで理想を実現! /柳澤三樹夫【著】 【中古】afb 価格:660円(2020/4/26 12:11時点)感想(0件) May Cause Happiness: A Gratitude Journal MAY CAUSE HAPPINESS [ David Steindl-Rast ] 価格:2,534円 (2020/4/26 11:52時点) 感想(0件)

7日め : 英語で考える習慣をつける。必要なのは話す内容を持っていること。

今日は、Rachelさんのビデオシリーズで学習しました。特に、アクセント、発音関係では彼女のビデオが一番良いのではないかと思っています。映画のワンシーンを繰り返し、発音や言い回しを、ベンフランクリン方式というやり方で、習得するようなやり方も斬新です。 でもつくづく感じるのは、話す内容を持つことだと思っています。英語がいくら流暢でも結局は内容、コンテンツがなければなんというか・・・発展しない・・というか相手に与えられるものが何もない・・・ということになります。それでは、よい関係が作れるはずないと思います。まあ一方的に自分のために、観光のために、、とかだったらありかもしれませんが、英語を使って何とか・・ならやはり、熱っぽく語れる内容をいくつかもっていないと、上達もしないのではないかと思っています。 以下が今日学習したRachelさんのHow to Think in English です。 続いて以下も学習しました。 そしてそのあとはNativeCampに参加しました。今日の講師は、レベルが高く、私の話をきき、直した方がよいところなど、チャットボックスに的確に書いてくれました。有難かったです。