独り言

15日め:Cluster(塊) and Replacement(置き換え)練習: 今日もニック式英語

本日の私の学習メモです。英語脳の作り方、塊、そして置き換えについてYoutubeのビデオで訓練しました。これらは会話の基本になるため、ちょくちょく練習しておこうと思います。アプリを買わなくても自分で表現をつくってメモって練習しておけばよいかと思います。 0. 英語脳の作り方 0.1. Cluster :A+B Types Type1:「動詞の原形」が続く Type2:「名詞」「動詞のing形」が続く Type3:「動詞の過去分詞」が続く Type4:「文」が続く Type5:「WH名詞節」が続く Example Type1:「動詞の原形」が続く Let’s go. have lunch. be smart. not go. Type2:「名詞」「動詞のing形」が続く Thank you for your time. coming. being kind. not telling him. I am thinking of Type3:「動詞の過去分詞」が続く I ve never eaten frog. been there. I should have Type4:「文」が続く I am glad I live …

15日め:Cluster(塊) and Replacement(置き換え)練習: 今日もニック式英語 Read More »

11日め : 日本人は英語の発音・アクセントに注意

私がいまだに苦労しているのは、発音・アクセントです。帰国子女ではなく、西欧圏でずっと過ごしたわけでもない私がこの海外の地で英語を使って授業したり、仕事をしているのですが、やはり、発音・アクセントが一番しんどくて、気を付けています。特に日本語は平たんな話言葉なので、ついつい英語もそのようになって、西欧圏の人から何度も聞き返されて、ついにはわからない、、、というようなことが何度もありました。 そこで対策を立てました。、一つは、その場の対策として言い換えること、二つは、次に同じ事を繰り返さないように、メモして訓練すること、三つめは、RachelのYoutubeを見ること、です。 一つめの言い換えは、一番実践的です。そのために普段から同じ事象を別の言い方で表現する練習をしておくとよいと思います。これ自体が英語学習全般としても多大な効果をもたらします。以前、独り言のところでも触れましたが、独学するための一つの効果的は方法でもありました。あっ、通じない、と思ったらすぐ言い換えることができるとよいです。これで乗り切れるようになってきました。 4日め:Let’s 英語で独り言 二つめの、注意すべき単語については、次のように訓練しています。まずは自分の発音がきちんと通じるか確かめるのに、Googleの音声入力などをつかってきちんと入力されるかどうか、それを目安としてます。あとは勿論、オンラインでもよいのですが辞書で発音記号の部分をよくチェックしておきます。次に効果的なのは以前紹介したYouglishです。これでネイティブはどういう文脈でどういう発音の仕方をしているのかが臨場感をもってわかります。 Youglish -Accent- 三つめは、普段の対策として、Rachelのビデオを見て練習することです。特にベンフランクリンエクササイズのパートをPlayListで選んできて普段からさまざまな会話のパターンを学ぶとよいと思います。ヒットした英語のシリーズなどもやっていて楽しめながらできます。 今日はNative Campに参加しませんでした。バタバタしていました。明日から再び体験入学できるところはいろいろと体験してもよいかなと思っています。今はそんなに乗り換えが難しくないので、自分にあったスクール、自分にあった講師が大きく状況を変えるという経験をしていますので、フリーで確かめられることに関しては、可能なら確かめてみることをお勧めします。今日は以下のスクールを紹介します。私も試してみるつもりですが、ちょっと確認して、ためしてみたら如何でしょうか。

7日め : 英語で考える習慣をつける。必要なのは話す内容を持っていること。

今日は、Rachelさんのビデオシリーズで学習しました。特に、アクセント、発音関係では彼女のビデオが一番良いのではないかと思っています。映画のワンシーンを繰り返し、発音や言い回しを、ベンフランクリン方式というやり方で、習得するようなやり方も斬新です。 でもつくづく感じるのは、話す内容を持つことだと思っています。英語がいくら流暢でも結局は内容、コンテンツがなければなんというか・・・発展しない・・というか相手に与えられるものが何もない・・・ということになります。それでは、よい関係が作れるはずないと思います。まあ一方的に自分のために、観光のために、、とかだったらありかもしれませんが、英語を使って何とか・・ならやはり、熱っぽく語れる内容をいくつかもっていないと、上達もしないのではないかと思っています。 以下が今日学習したRachelさんのHow to Think in English です。 続いて以下も学習しました。 そしてそのあとはNativeCampに参加しました。今日の講師は、レベルが高く、私の話をきき、直した方がよいところなど、チャットボックスに的確に書いてくれました。有難かったです。

5日め:Tiffaniビデオ 機械的な英会話からの脱却

本日は、先日見つけた素晴らしい英語学習用のYoutubeで練習してみました。レベルは少し高めです。例えば、私がいつも困っていた機械的な反応からの脱却 ”How are you?” ”I am fine and you?” からの脱却について集中して学びました。確かに今でも突然尋ねられると、機械的に”I am Fine”って言ってしまいます。習慣というものは恐ろしいものです。まずここから変えて会話が続く、会話を楽しむモードにしたいものです。 合わせて次も見ました。先日のLets英語で独り言とつながります。常に練習しないことには上達しませんし、今、どこでも教材があふれているのも確かです。それらをどうやって選別し、自分のやり易いように取り込むか、、だと思います。 Why English is So Hard? 本日も最初の”I am Fine”問題への対応について、定着度をみるために Native Camp に参加しました。最初の”How about you?”に対して”I am Fine”って言わなかったです。”I am great, Thanx”そして”How about you?”で対応しました。よかったです。これからいろんなパターンを定着させて無意識レベルにもっていこうと思っています。 今日の講師については、混んでいたのもあり、フィリピン以外の国の人と話しました。レベルは?でしたが、経験という意味ではよかったです。人柄も大変よかったので、会話を楽しむという意味で大変満足しました。 ネイティブキャンプ 勿論書く練習もしましたよ。これも一定量を書かないと身につかないので、いつも気にしています。 3日め:英作文 書いて書いて書く これからも一緒に前に進みましょう。 宜しくお願い致します。

4日め:Let’s 英語で独り言

英語での独り言の効果について、Venessaさん、というとても明るいユーチューバーの方のVideoで紹介されているのを偶然見つけました。そういえばこれは5年前ぐらいからいつも意識してやっている工夫の一つだなと気づきました。 独り言は本当に重要な練習だと思います。一人でも英語の練習はいくらでもできることに改めて強調したいです。実際会話をする前に、もう一人の自分と恥ずかしがらずどんどん会話してもよいのです。 私の場合は、日々気づいたことなどを英語で音声メモを取るようにしてもいます。とてもよい感じです。そのとき発音で心配になったら、自分の発音を、グーグルの音声入力に入れて、きちんとその英語の言葉が認識されているか、確かめたりもしています。 あと、ヴィッパサナ―瞑想という瞑想法を英語で行うようにしています。これは精神安定、集中力アップ、英語で話す回路をつくるという意味で一石二鳥というか三鳥です。 以下のブログでもそのことが書いてあります。 36日め : 無料英語自主学習法及び精神安定の秘密兵器 そして本日もNative Camp に参加しました。今日のフィリピン人の講師は若いですが、とても質が高かったです。発音がとてもNatural でした。そのため早速お気に入りに登録しておきました。また会えるといいなと思います。 ネイティブキャンプ そういえば、以前DMMにも体験として無料で参加してみました。良かったです。DMMも時間的融通が利いて、私にはピッタリです。ただ、講師にあたりはずれがあるのは、同じだと思い、まだ乗り換えていません。 かつて他のいろいろなオンラインスクールにも参加してきたのですが、NativeCampやDMMより講師の質がずっと高かったスクールもあります。ただ予約を取る作業がなかなか・・・で、結局、NativeCampで続けてしまいます。 やはり自分の目的や事情、特徴に合わせてオンライン英会話スクールも選ぶ必要があると思います。他のスクールについては、またの機会に。 *以下のような新しいスクールもあります。どんどん無料体験入学して自分に合うかどうか試したらよいのではないでしょうか。 Related Books and Info. for Further Understanding ネイティブのひとりごと英語表現集 (CD BOOK)