パラレリズム

18日め:マジック3(Magic Three)ーパラレリズムと同時に学ぶ

レベッカ先生のビデオで学びました。 Tell me and I forget, teach me and I remember and involve me and I learn. から始める内容は興味深いものでした。マジック3は、パラレリズムと同様に、自分の発想を広げるフレームとして大変有意義だと思います。 確かに3点で示すと構造がイメージが付きやすく心に残りやすいです。以前、論理的にするには直列と並列を意識することが重要、と学びました。直列は、こうだからこう、こうだからこう、とつなげていくことで、並列は、この要素は、3点あります、1点めは、、、2点めは、、、3点めは、という風にわかりやすく最初にならべて順番に説明するのです。 本日は、この点に注意しながら、様々な活動をしました。何も机に向かっているときが学習ではなく、日常の思考や、行動で実践することが大事なのだとつくづく思います。 以下のサービスなかなか良いです。料金もお安くどんどん吸収できます。

16日め:とてもパワフルな英語学習、置き換えからパラレリズム

本日はパラレリズムの練習をしました。前回まで置き換えの練習をしましたが、その次の段階としてパラレリズムあると思います。これはレベルが一段あがりますが、文章を書く人には必須であると同時に最も効果的に語彙や発想を伸ばす方法の一つだと思います。そして、その次にパラフレーズが来ます。どれもパワフルです。 パラレリズムとは何か、そしてどうするのか。 パラレリズムを意識すると話をつくりやすいし、とてもエレガントです。書く場合もこれはとても響きがよい文章になると思います。レベッカ先生が言うように、バランスとリズムがよいからだと思います。 sponsored link