はじめまして!本サイトの説明です。

本サイトは日本語版と英語版があります。日本語版については、主に私、日本人が海外の大学で働く上で、直面する問題を克服するために、訓練している過程を何かの参考になればと思い共有するものです。海外の大学で教えているというと英語力は相当なものと思われがちですが、そうではありません。まず英語論文などどちらかというと書く方に時間がとられ、あと会話も専門用語や専門をわかった人たちとの会話が普通なので、ひとたび、専門外の人と話すことになると、大変な状態になります。ですので、日々の練習はマストなのです。

This blog has two versions, the Japanese version, and the English version. The Japanese version is mainly for the Japanese who would like to communicate with others in English. This is not Academic. The explanation can be referred to. The English version is mainly for the Academic people who are non-native speakers to survive in the University which is not your own country. The detailed explanations can be found in the following English introduction

英語版については、下にイントロダクションを記しておりますが、主に、日本人を含めたノンネイティブが海外の大学でも生き残れる、さらに言えば、日本人(主に・・ですが・・)として世界で戦うために、英語での業績をあげるための私の訓練状況をシェアしたいと思っています。私は純国産なので、英語版のイントロで書いているように、こちらにくる前まで、英語で論文を書くことはおろか、英会話もろくにできない状態でした。それが妻の事情で海外の大学に移ったのですが(これはたまたまの紹介からで、専門分野のみを期待されて研究員から入りました。)、英語での業績がないと次の契約更新がないといわれて、死に物狂いに工夫してなんとか書けるようになった人間です。今では、所属部署でも、よく英語論文を書いて出版している人間になりました。それをシェアしたいと思っています。

日本語版 紹介文:英語で仕事をするための訓練

現在私は海外の大学で常勤の職員として社会学関連科目を教えています。また質の高い英語論文も執筆・出版しています。未だに発音や文法など沢山の問題を抱えておりますが、上手く授業や研究をこなしていると思っています。大学で教えている以外にも、国連のプロジェクトに携わったりもしています。ここに至る道はとても苦しくも楽しいものでした。大学時代、会社員時代はほとんど英語を使ったことがありませんでした。そこから奮起して、中学英語からやり直しました。そして大学院に進学しました。あとは日本で英語を学びました。そして今でもいつも継続的な訓練をしています。その一つに常に役に立つ情報を集めていて、その中から必要に応じて、それらを使って練習をしています。そして少しづつコツをつかみ、状態に合わせて、費やす時間も調整できるようになってきました。特にインターネットやユーチューブの発達のおかげで、その効率も大きく上がってきました。よい時代になったなと思います。本サイトでは、日記形式で、毎日私が訓練している情報を、紹介したいと思います。読者の皆様の毎日の英語学習の目安に参考になれば幸いです。

English Version Introduction: Academic Writing Training Notes for Non-Native Speakers

Honestly speaking, I could not write an English academic paper at all before I moved to the University in one of the Asian Countries. I am Japanese. When I was in Japan, I could write papers only in Japanese, but, it is a normal thing for Japanese social scientists, maybe, I could not write English paper, so I faced a lot of difficulties to write the papers to survive at the University. So I was struggling for doing this. In the first year, I tried to read, read, and read, and write, write, and write as much as possible. However, it was not effective and I could not produce any paper. So I was confusing and annoying. I was asking myself that I can write a lot of papers in Japanese but why I cannot write an English paper. At the same time, I started to do research on how to write an academic paper in English mainly the internet and Youtube. That brings me the turning point in the second year. I could submit a lot of papers in English. I could publish an excellent academic paper. In this blog, I would like to share my struggle as a non-native to write an English academic paper in a daily like style (past-present-future). I will be more than happy if I can contribute someone to write an academic paper and publish to help their careers. sponsored link